リサイクルシリコーン

リサイクルシリコーン (recycle silicone)

1. 紹介

上記のケースにてシリコーンの利用は電力線路向けのシリコン絶縁と同じく、通常、ケーブルエンドのターミネーションかまたはポリエチレンで絶縁した地下の高電圧ケーブルの端で作られたシリコーンゴムの接続と繋げています。

シリコーンは疎水性と同じ、高電気抵抗力、耐環境劣化と電気的劣化など、もっと低いアセンブリと維持にコストが得られる重要な利点を持っています。

2.シリコーンのケーブル・エンド・ターミネーション

現代の材料は事前組み立てを可能にしますので、それで溶融鋳造材の使用に伴う問題を避けることができ、60サイトの建設に手動的で組み立てる錯誤も回避できます。現在のケーブルアクセサリーは供給元で完全に建てられます。一般的に、それらは異なる絶縁性シリコーンゴム製のゴム・ターミネーションから構成されます。

シリコーンは2つのタイプのデザインが可能です:

– PEリングはスペースホルダーとして配置まで作用するプッシュオン技術、そして硬度35から50ショアAのシリコーンゴムを使用

-硬度25から35ショアA絶縁体はターミネーションとケーブルの間に化学結合を使わずに作られます。それとより柔らかいシリコーンゴムを使用する冷収縮技術がもう一つのタイプです。そして、進入した空気を除外するために、特に高電場領域とケーブルエンドのエッジ周辺でシリコーンターミネーションの弾性特性に依存します。シリコーンの高ガス透過性は進入した空気を全て拡散させ、無空気の接点環境を作ります。

上記のシリコンゴムのケーブルターミネーションは高密度シリコーンゴム(HCR)を使用するゴム射出成形か、または2部構成液状シリコーンゴムを用いた液体射出成形(LSR)によって製造されます。シリコーンは高い絶縁力が原因で、全面的な電気的絶縁を提供します。高温、紫外線とオゾンへの良い抵抗性に加えて、疎水性でもありますので、表面絶縁を破壊しません。さらに重要なのは、長期的な性能を確保するために、特製シリコーンの接続端内の電場をスムーズにするようにと開発されている。導電性シリコーンゴムを使用するするか、またはもっと現代で小型なアクセサリと中度電気誘電率をもつシリコーンゴムから作られる成形偏向器の中で、複合したケーブルターミネーションで実現されます。

シリコーンは放射線による侵食を抵抗てきるため、ケーブルエンドのターミネーションにおける性能が評価されている。シリコーンは紫外可視光を吸収しないため、チョーキングやクラッキングしやすいです。そういう現象は通常、有機材料使用で、吸塵と湿度を伴い、絶縁性の顕著な減少に導きます。

有機の絶縁材料より、シリコーンはいわゆる「追跡」への抵抗性が高いです。追跡とは、集約電気表面の電気漏れと放電下の導電性表面経路の形成のことを意味します。有機材料の場合なら、追跡は残念ながら高い導電性を示す炭素ベースの分解生成物を形成させます。デザインが不備でも組み立てが不適切でも、シリコーンがあれば、分解物は非導電性シリカにつながります。そしてシリコーンは最高級の電気浸食抵抗性に達します。

3.シリコーン絶縁体

もう一つの重要な性質は疎水性、特に電気絶縁体か、または電線と支持構造物の間に設置されたデバイス向けのものです。シリコーンゴムエラストマー製の絶縁体の上の水は滴のままで、、シリコーンエラストマー表面の低表面エネルギーが原因で、連続した膜を形成しません。それは絶縁体上の表面電流を減らします。シリコーンエラストマーの混合物に存在する低分子重量と未反応のポリジメチルシロキサンの種が原因となる表面放電や大気汚染が堆積した後も、表面の疎水性は維持されます。それらの種の外部表面へ移動し、低表面エネルギーまたは疎水性を維持することができます。それゆえ、シリコーンエラストマーから作られた絶縁体は掃除やメンテナンスする需要が少なく、長時間にわたって性質を保つことができます。

誘電性液を選ぶとき、応用実情に対応する基準が多いです。鉱物油などのような液体より、シリコーン液の最も優れている点の一つは、非常に高熱安定性とより高い引火点および燃焼点です。可燃性が懸念される建築物の内部か付近に設置される変圧器に応用される液体にとって重要な性質です。変圧器用のシリコーンオイルは変圧器の正常作動温度を遥かに上回る高温に耐えられます。そして過度の蒸気圧も産生せず、腐敗の副産物も分解したり生成したりしません。

シリコーンは化学的に不活性の材料で、優れた耐酸化性を持っています。そして変圧器の作動温度で従来の絶縁材料と互換できます。

シリコーン液の劣化に2つのモードがあります:熱分解と酸化です。一定の温度になると、長いポリマー鎖はより多くの揮発性環状シリコーン材料を形成するためにゆっくりと劣化し始めます。シリコーン液の酸化は175°C ( 342°F )以上の温度で非常にゆっくり(酸素の存在下における)発生します。酸化する時に、シリコーン液は重合し、ゲル化が生じるまで次第に粘度が高まります。そのプロセスは、好ましくない酸やスラッジを形成せずに発生します。また、長鎖シリコーン分子の誘電特性は新鮮なシリコーン液の誘電特性と類似しています。

熱酸化劣化が起こる温度は65°c‐増し変圧器に期待されるホットスポット温度を上回ります。密閉された変圧器の有限な酸素を含む空気において、変圧器用シリコーンオイルは他の変圧器用オイル液の標準上昇量以上の温度上昇で使用されることができます。

変圧器用シリコーンオイルは65°c‐増し変圧器の耐用寿命にわたってどんな重要な方法で劣化しないはずです。

耐熱の固体絶縁材料と組み合わせるシリコーン液を用いた絶縁システムは大幅に改良された耐熱能力と長い絶縁寿命を示しています(例として、シリコーン液を組み合わせた芳香族ポリエステルアミド/イミドとノーメックス紙とガラスの材料からなる絶縁システム)。

純粋なシリコーン液は100 %線状ポリジメチルシロキサン液(CAS# 63148-62-9)で、@ 25C測定した粘度を有します。流動点降下剤や熱安定剤など添加物を含みません。それに、塩素または他のハロゲンも含見ません。粘度>5cStの純粋なシリコーン液は化学的に不活性で、不揮発、熱安定で、そして耐酸化性に優れ、絶縁材料と互換性があります。材料適合性と熱安定性は密接に関連しています。大数の材料は変圧器用シリコーンオイルとの適合性がテストされました。以下は、テストされて、変圧器用シリコーンオイルと共用できる材料の一覧です。**)

変圧器用シリコーンオイルと共用できる変圧器材料:

________________________________________________________________________
*) (中から高電圧のケースに応用されるシリコーン. E.ガーラック、ダウ・コーニング社、ウィースバーデン(ドイツ)、2002**
**) www.clearcoproducts.com

Random Testimonial

  • ~ Silcotech North America

    " Eco USAに電話一本で、私たちは廃棄物管理の予算を大きく削り、ボトムラインを改善し、当社のカーボンフットプリントも減らしました。このプログラムは、周りの全員に好都合です。 ダグラス・R・スナイダー - QMS管理者
 Silcotech North America Inc. Silcotech North"

  • Read more testimonials »

We Sell Recycled Silicone Oil